各種健診|福岡・薬院、渋谷区・恵比寿、代官山 整形外科・スポーツ整形・リハビリテーション

各種健康診断

生活習慣病である高血圧症、糖尿病、脂質異常症などは、主たる自覚症状がないまま発病し病気が進行してから発見されます。放置したままにすると脳卒中、心臓病、悪性新生物(がん)の基礎疾患になりうることがあり、これらの早期発見、早期治療のためには健診によるチェックが大変重要です。
健やかな心と身体で生活できるよう一年に一度は健康診断を受けられることをお勧めします。

当クリニックでは一般健診の他、各種検査が可能です

血管年齢チェック~血管のつまり・しなやかさを知る~

血管年齢チェック

血管年齢検査では、下肢の太い血管を調べ血管の狭窄度を調べるABIと、血管の固さを評価するPWV検査の2種類を行います。
このABIとPWVを評価する事で、「動脈硬化の程度」を知る事ができます。検査は痛みを伴いません。
心電図を検査するベッドに安静に横たわっていただき、腕と足首を出していただくだけのことです。(検査時間約10分)

血管内皮機能検査(FMD検査)~動脈硬化の早期発見のために~

血管機能内皮

血管内皮機能検査(FMD検査)では、FMD検査時に同時に血管壁の肥厚と動脈硬化を早期段階で見つけ出し、評価することができます。
血管年齢検査では血管の固さや、詰まりの状態を捉えますが、血管年齢検査が正常値でも、既に内皮機能障害が進んでいる場合が多く見られます。
動脈硬化の早期発見や改善の為、定期的に検査を受ける事をお勧めします。

肺機能検査(スパイロメータ)~肺年齢チェック~

吐き出す息の速度と肺活量を測定して、肺機能を調べていきます。
肺機能検査にて肺年齢や肺活量などを調べて自分の肺年齢や病気をチェックしていきましょう。
最も一般的な呼吸機能検査で、COPDの診断にも有効となります。
COPDは、主にタバコが原因で肺の機能が失われていく疾患です。

長年の喫煙によって気管支と肺胞の両方が障害を受け、呼吸機能が低下していく疾患です。
タバコを吸っている方は禁煙外来にて健康を取り戻しましょう。