陥入爪でお困りの方|福岡・薬院 整形外科・ウェイトマネジメント外来ほか

陥入爪でお困りの方

plasticsurgery3-1

陥入爪とは爪の角がトゲのように軟部組織(皮膚や肉)に刺さって炎症を起こしている状態をいいます。
また、巻き爪は爪が横方向に巻いている状態をいいます。
陥入爪の人は巻き爪になっていることが多く、爪の角を切ると一時的に痛みはよくなりますが、爪が伸びた時さらに巻き込み、より重症な陥入爪になります。

当クリニックではお客様の状態に合わせた治療法を選択します

ワイヤーによる治療

plasticsurgery3-2

形状記憶合金プレート

※形状記憶合金プレート(マチプレート)や超弾性ワイヤー(マチワイヤー)を用いた爪矯正は、爪の幅を狭くすることなく治せます。
形状記憶合金の特性を活かし、曲がったプレートやワイヤーが真直ぐに戻ろうとする力で、曲がった爪が引っ張られ、少しずつ陥入爪が矯正されていくものです。

樹脂による治療

plasticsurgery3-3

ナオルン

施術も短時間で済み基本的には1回の補正で終了します。
見た目も自分の爪と同じで全く違和感がなく、また硬貨された人工爪が取れたりする心配もありません。

※陥入爪の治療でワイヤー・プレート(保険適用外)を使用する場合は 自費診療となります。
※陥入爪の診察をご希望される場合は爪の長さが短いと処置が延期となることがあるのため初診日まで極力爪を切られないようご注意下さい。
※当クリニックでは、整形外科専門医・日本靴医学会会員である院長が責任を持って行っております。
※上記の方法は、医療として行われるものですが、一部不法に上記の方法を用いている
民間施設等がありますので御注意下さい。

治療ご希望の方は受付までご相談下さい。