福岡市・薬院、東京都渋谷区・恵比寿、代官山の整形外科・スポーツ整形・リハビリテーション「整形外科 スポーツ・栄養クリニック」

福岡・薬院クリニック

TEL 092-716-5550

東京・代官山クリニック

TEL 03-6416-1674

【料理教室】料理教室「食べ過ぎた次の日からのメンテナンスご飯」5/19開催終了♪

料理教室を開催しました!

 

5/19(土)11:00~

スポーツ栄養クリニック1階で

料理教室を開催致しました。

 

 

今月のテーマは

「食べ過ぎた次の日からのメンテナンスごはん」

 

食べ過ぎた、飲み過ぎた。

そんな時に大切なのは

次の日からのメンテナンス。

 

ただ、次の日に食事を抜けば良いというものではなく

食べ過ぎ・飲み過ぎたからこそ、カラダのメンテナンスに必要な

食事を摂る必要があります。

 

料理教室では

・メンテナンスで必要になる栄養素のお話

・積極的に摂りたい食材のお話

・メンテナンス時に避けたい食材・調理法のお話

をしたうえで

 

積極的に摂りたい食材を用いて

メンテナンスごはんを作りました。

 

 

5月のメニュー

 

・玄米ご飯

・具だくさん味噌汁

・米粉で作るさばのみぞれ煮

・野菜の甘みで作る切り干し大根

・温野菜(2種の発酵ドレッシングつき)

 

 

温野菜については

フライパンでも作れる

栄養素の壊れにくい調理法をお伝えいたしました。

 

参加された方からは

簡単で、色鮮やかで美味しい温野菜の作り方が知れて良かった。

早速、今日家族に作ります!

と嬉しいお言葉をいただきました。

 

 

 

さばのみぞれ煮は、

カラダのメンテナンスのことを考えて

小麦粉ではなく、米粉を使用しました。

 

手作り出汁を使って

コトコトじっくり煮ました。

 

消化に良い大根おろしを使いました。

 

切り干し大根は、

出汁などは使わず

使った調味料は塩と醤油のみ。

 

野菜の甘みを引き出した調理法で

カラダに優しく仕上げました。

 

 

味噌汁は、

手作り出汁で、食材をコトコト煮込んだ後に

麦味噌で味付けしました。

 

味噌汁の美味しい作り方のコツも

お伝えしました。

 

温野菜に添えるドレッシングも

手作りしました。

 

野菜の甘みがあるので

野菜のおいしさを引き立てるドレッシングに。

 

 

参加された方の声

・食べ過ぎた次の日は、ただ単純に食事の量を減らせばよいと思っていたけど、

今日の料理教室でカラダをつくるために

どんな食材を食べた方がいいのかわかって良かった。(40歳代・女性)

 

・調味料の選び方も教えてくれて勉強になった。(40歳代・女性)

 

・私の普段の食事についても話を聞いてくれて参考になった。(50歳代・女性)

 

 

 

さいごに。

 

料理教室は月に1度第3土曜日に開催中です。
(まれに実施日を変更する事があります。開催日はコチラよりご確認下さい。)

 

健康の為に、食事に気をつかいたいと思っているけど

どのように食事を整えたらよいのかが分からない。

 

そんな時は、管理栄養士がお伝えする料理教室に

是非、ご参加くださいませ。

 

笹村望(管理栄養士)

 

 

次回料理教室のお知らせ

 

6月のテーマ「初夏の野菜とハーブ料理」 担当:鳥飼 愛美(管理栄養士) ※只今キャンセル待ち。

6月といえば梅雨。梅雨の湿気は胃腸消化器系に負担をかけ、

胃のもたれ、食欲不振などの症状も招きます。

胃腸の機能を高める食材や、香りで湿気を飛ばす食材などを取り入れながら、

むくみ知らず!水はけのいい体づくりを作りましょう。