福岡市・薬院、東京都渋谷区・恵比寿、代官山の整形外科・スポーツ整形・リハビリテーション「整形外科 スポーツ・栄養クリニック」

staff

代官山クリニックスタッフ

医師

doctor_data
武田 淳也  TAKEDA JUNYA
当クリニック理事長
整形外科をはじめ「姿勢とカラダの使い方不全」が絡む疾患に、動きからアプローチする。 日本整形外科学会認定専門医、スポーツ医、運動器リハビリテーション医、脊椎脊髄病医、リウマチ医、日本骨粗鬆症 学会認定医、日本ピラティス研究会会長、日本経済大学スポーツ経営学科客員教授、日本体育協会公認 スポーツドクタ ー、ピラティス指導者
<得意分野>
障害の原因(姿勢・動作)へ根本的アプローチ、スポーツ整形、ダンス医学
<診療日>
金曜日・土曜日(第1・2・4午前診療)が多いですが御来院・御予約の際は事前に御確認下さい。
doctor_data
西良 浩一 SAIRYO KOICHI
徳島大学整形外科 主任教授
日本整形外科学会認定専門医 、日本脊椎脊髄病学会評議員、日本整形外科スポーツ医学会副理事長、日本関節鏡・膝・ スポーツ・整形外科学会評議員、日本内視鏡低侵襲脊椎外科学会世話人、国際脊椎内視鏡・ナビゲーション・低侵襲手 術会議評議員、太平洋・アジア低侵襲脊椎手術学会理事、日本オリンピック医事委員(体操競技)、日本体育協会公認 スポーツドクター、2018年 名医整形外科部門No1.獲得
<得意分野>
スポーツ医学(腰痛)脊椎外科、腰椎分離症全般、脊椎内視鏡手術
<著書紹介>
「腰痛完治の最短プロセス」「Orthopaedics(オルソペディクス)29/10(増刊)脊椎疾患診療マニュアル 私のコツ」
<診療日>
「月に1回 特別診察 ※診療日は直接クリニックにお問い合わせ下さい
doctor_data
徳永 高也  TOKUNAGA TAKAYA
日本整形外科学会認定専門医 運動器リハビリテーション医 日本体育協会認定スポーツドクター 日本医師会認定産業医
<得意分野>
肩こり、腰痛、膝の痛みからスポーツ障害、日常生活の悩みなど何でもご相談ください。

リハビリテーション

doctor_data
増渕 喜秋  MASUBUCHI YOSHIAKI
理学療法士/ Motor Control:ビヨンド・ピラティス ファウンダー/ PMA®-CPT(ピラティス国際認定インストラクター)/カラダ取説®シニアエデュケーショナル/CoreAlign®マスタートレーナー/Bodhi Suspension System®認定インストラクター/Pfilates TM (骨盤底筋エクササイズ)認定インストラクター
<MESSAGE>
小学生からサッカーを続ける中で、成長期のスポーツ障害であるオスグッドシュラッター 病や足首の捻挫を繰り返す足関節不安定症に悩んできました。当時は原因がわかりません でしたが、今は誤った身体の使い方(モーターコントロールエラー)が原因の大きな部分 であったとわかり、運動療法で改善ができます。リハビリテーションからパフォーマンス 向上まで、「自分らしく活躍したい!」の思いをサポートさせていただきます。
doctor_data
岩根 直矢  IWANE NAOYA
理学療法士/ Motor Control:ビヨンド・ピラティス ファウンダー/ PMA®-CPT(ピラティス国際認定インストラクター)/カラダ取説®シニアエデュケーショナル/CoreAlign®マスタートレーナー/Bodhi Suspension System®認定インストラクター/Pfilates TM (骨盤底筋エクササイズ)認定インストラクター
<MESSAGE>
学生時代は身体の硬さや腰痛に悩まされ、姿勢の悪さがコンプレックスでした。ピラティスを始めて、自分の「カラダ の使い方」が変わりました。継続することで「動きの基盤(土台)の力」が向上してきました。結果、身体の柔軟性や 姿勢は改善し、腰痛が無くなりました。腰痛・肩こり・手足の痺れなどの症状、怪我やスポーツ障害には原因がありま す。その人一人一人にあったオーダーメイドの治療を提供し、健やかで人生を楽しめるカラダを手に入れるお手伝いを させていただきます!
doctor_data
山崎 美織  YAMAZAKI MIORI
理学療法士/POLESTAR PILATES®Comprehensive-rehabilitation インストラクター/CoreAlign®認定インストラクター/Bodhi Suspension System®認定インストラクター/PfilatesTM(骨盤底筋エクササイズ)認定インストラクター
<MESSAGE>
ヨガは趣味で12年以上続けています。(一受講者として)しかし、ヨガで体を傷めてしまう方が多いですね。当院には 特に肩や股関節の使い方が苦手で傷めて受診に来られる方が多いように思います。理学療法評価を基に、その方に合っ た運動療法を選定し、ヨガに必要なコアスタビリティや肩・股関節の適合性を高める運動をしていきます。体が柔らか すぎる方には、ピラティス器具を利用したエクササイズは、適度な負荷となり、伸びやかな動きを習得するにはとても 適しています。是非体感してみてください。
doctor_data
黒瀬 安菜  KUROSE ANNA
理学療法士/呼吸療法認定士/Motor Control:ビヨンド・ピラティス ファウンデーション認定インストラクター/ PHI MATⅠ&Ⅱ認定インストラクター/PHI®pilates prop 認定インストラクター/カラダ取説®エデュケーショナル/CoreAlign®インストラクター/Bodhi Suspension System®認定インストラクター/PfilatesTM(骨盤底筋エクササイズ)認定インストラクター
<MESSAGE>
私は幼少期から体も硬く、小学校の授業の器械体操が大の苦手でしたが、『人と繋がる仕事がしたい』『喜んでもらえ る仕事がしたい』と思い理学療法士の道を選びました。地元の総合病院で脳血管疾患(脳卒中、脳梗塞、脊髄損傷等) の方や高齢者の圧迫骨折、大腿骨頸部骨折等の方のリハビリを5年間経験している中で、ピラティスと出会い、体の不 自由な方に対しての理学療法と健康維持や予防ができるピラティスの両方を学ぶために上京しました。まさか、器械体 操が苦手だった私がマット指導者になるなんて思いもしませんでしたが、多くの方にピラティスを楽しんで続けられる ようにサポートしていきます。ピラティスを通じて、心・身体とも豊かさを感じていただけたら幸いです。
doctor_data
松井 麻美  MATSUI ASAMI
理学療法士/Motor Control:ビヨンド・ピラティス ファウンデーション修了/カラダ取説®ジェネラル
<MESSAGE>
幼少期からクラシックバレエを習い、踊り続ける中で身体に故障をきたすことが多かったことから、怪我に悩む人をサ ポートしたいと思い始めました。私はずっと自分は良い姿勢が取れていると思っていましたが、“身体に負担をかけな い”良い姿勢ではないことを理学療法士になり初めて自覚しました。正しい姿勢や身体の使い方を覚えることで防げる 怪我や痛みはたくさんあります。痛みなく毎日を過ごすこと、また趣味やスポーツをそれまで以上に楽しめるようにな ることのサポートをさせていただければと思います。
doctor_data
石田 実穂  ISHIDA MIHO
理学療法士/ Motor Control:ビヨンド・ピラティス ファウンデーション修了/カラダ取説®ジェネラル/PHI®MATⅠ&Ⅱ認定インストラクター/PHI®pilates prop 認定インストラクター/Pfilates(骨盤底筋エクササイズ)認定インストラクター
<MESSAGE>
マッサージして一時的に良くなるけど、また戻ってしまう…そんなお話をよく聞きますが、理学療法士として働くようになり、頸・肩〜足まで多くの方が慢性的な痛みで悩まれていることを実感しました。なぜ肩こりや腰痛が起きてしまうのか、その理由を知って正しく身体を使っていくことで痛みを軽減、改善していくことが出来ます。一見難しそうと思うかもしれませんが、やってみると今まで意識していなかった身体のいろんな部分を楽しんで動かすことが出来て楽しいです。ぜひ一緒に正しい身体の使い方をマスターしていきましょう!
doctor_data
清水 恭兵  SHIMIZU KYOHEI
Motor Control: beyond Pilates®ファウンデーション認定インストラクター/理学療法士/pfilAtes™認定インストラクター
<MESSAGE>
総合病院にて整形外科患者さんを中心に7年以上臨床経験を積んできました。そんな中、ピラティスと出会い運動療法の可能性がとても広がりました。マッサージを中心としたコンディショニングでは1週間もすると姿勢が戻ってしまう事が多いかと思います。是非一度、医学的視点を取り入れたピラティスを体験しに来て下さい。ご自身の更なる身体の可能性と出会えるようにお手伝い出来たらと思います。身体の改善を通して心身共に健康になっていきましょう!埼玉県民として誠心誠意サポートさせていただきます。
櫻井 逸章  SAKURAI HAYAAKI
理学療法士/Motor Control : ビヨンドピラティススタンダード認定インストラクター受講中/カラダ取説®︎ジェネラル受講中/骨盤底筋エクササイズpfilAtes™️認定インストラクター/アスリートフードマイスター3級
<MESSAGE>
私はバスケ・少林寺・野球・駅伝とやってきた中で怪我で思うようなパフォーマンスが発揮できなかったことを、練習をやり過ぎたことの怪我であったと思っていました。しかし、解剖学・生理学・運動学やピラティスのモーターコントロールの考え方を学ぶ中で正しく体を使えていなかったことが怪我の原因の一つであったことを知り、目から鱗でした。痛みの出ている理由を突き止め、生活や仕事、スポーツでより良いパフォーマンスを発揮できるための正しい姿勢とカラダの使い方を一緒に作っていきましょう。笑顔溢れる生活が送れるよう全力でサポートいたします。
武村 さつき  TAKEMURA SATSUKI
POLESTAR PILATES® Comprehensive Rehabilitation認定インストラクター/カラダ取説®ジェネラル/ロコモコーディネーター/食生活アドバイザー/医療通訳士
<MESSAGE>
私は、子供の頃から体が硬く、よく何もない所でつまずいたりしていました。大人になってからも姿勢が悪く、慢性的な腰痛にもよく悩まされていました。趣味でダンスをやっていましたが、しなやかな動きを表現する事などとうていできませんでした。そんなとき ピラティスと出会い、腰痛からは解放され、姿勢も良くなり、ダンスでもパフォーマンスが向上して、とてもしなやかな動きができるようになりました。皆さまにもこのようなピラティスの素晴らしい効果を実感して頂きたく、是非そのお手伝いをさせて頂きたいと 思っています。